So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雑誌が電子化したら 半数近くが「購読しない」(産経新聞)

 連載中の漫画雑誌がパソコンや携帯サイトで読めるようになるなど雑誌の電子化が一般的になりつつあるが、「デジタル化された雑誌をパソコンで購読したいか」の質問には、「あまり購読したいと思わない」「全然購読したいと思わない」が合計で48.2%と半数近くに上った。

 また、「デジタル化された雑誌をパソコンか携帯で購読するのは1記事いくらの場合か」の質問には、「購読しない」が29.3%で最多。次いで「20円より安い価格」が29.1%だった。

【関連記事】
雑誌100タイトル配信 不況打開へ実験サイト開設
守れ!ネット著作権 法改正で無許可ダウンロード違法に
進む新聞・雑誌のデジタル化 テレビやネットで配信も
iPhoneに雑誌有料配信 年内に30社50誌 電通など
【私も言いたい】紙か電子か 「情報の質が違う」8割

先進12技術を「保険導入が妥当」と判断−専門家会議(医療介護CBニュース)
「痛がる顔に興奮する…」住宅街で女児殴った男の身勝手な動機(産経新聞)
首相、公邸にこもる=秘書官通じコメント(時事通信)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
都心で初雪 昨年より3日遅れ(産経新聞)

長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」−福岡高裁(時事通信)

 家族に暴力をふるうなどしていた長男=当時(49)=を殺害したとして殺人罪に問われた無職田中潤被告(79)の控訴審判決公判が15日、福岡高裁であった。陶山博生裁判長は「一審の判断、量刑は正当だ」として、懲役6年(求刑懲役10年)を言い渡した裁判員裁判による一審判決を支持、被告側控訴を棄却した。
 弁護側は、殺意の発生時期などについての事実誤認と量刑不当を主張したが、陶山裁判長は「一審の判断は結論において正当として是認できる。結果も重大で刑事責任は重い」と退けた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
量刑データ、主文に誤りも=入力ミス新たに19件
2人殺害、男を再度不起訴へ=心神喪失、地裁が強制入院決定

温暖化対策 気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
民主党、党大会で参院選1次公認候補の発表を見送り(産経新聞)
火災 別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)
3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。